2017年9月19日火曜日

【ペーパークラフト】セイヨウミツバチの嬢王蜂

とあるハチは実はミツバチでした。

ミツバチは日本に2種類います。
在来のニホンミツバチと、明治時代に輸入され始めたセイヨウミツバチがいます。
色々と違いはありますが、見た目は黒っぽいのがニホンミツバチ、黄色っぽいのがセイヨウミツバチです。

今回はセイヨウミツバチ、その女王蜂を作ってみました。
ミツバチと言えば、そのモフモフした外見、ようするに毛の感じ。
これが特徴なのですが、これが悩みのタネでした(^_^;)
全部を再現したら大変なことになるので、ある程度の部分におさえました。

翅はOHPシートを使いました。
これ以上大きくするとOHPシートがヘタってしまうので、サイズはとりあえずこれくらい。
しかし、写真では翅が見づらいですね(^_^;)

来週は働き蜂をアップします。
働き蜂の方がよく目にするし、花粉団子がアクセントになってわかりやすいかもしれませんね。

週末はちょっと旅に出ます(笑)

2017年9月10日日曜日

【自然観察】オニヤンマ

ペーパークラフトは、とあるハチを作っています。
しかも何を血迷ったか(笑)働き蜂と女王蜂を一緒に作っているので時間がかかっています。
完成まではもう少しお待ち下さい(^_^;)

と言うことで先日の虫撮りの話しです。
茨城県のある場所で大好きなオニヤンマがたくさん見られたし、たくさん撮れました。

生き物の写真は基本的に眼にピントが合うようにしています。
昆虫の場合は複眼です。

この写真は背中にピントが合っているのでいまいちですね。
こちらは満足!!
こちらは、2匹が争っているうちにバチッと音がして1匹が目の前に止まりました。
どうも動かないと思ったら、右の中脚の先がありません。
争いで失くしたのでしょうか。
申し訳ないけど接写させてもらいました。
申し訳ないけどカッコイイです・・・

で、驚いたのはこれ。
1匹だと思ったら・・・
2匹のオニヤンマが止まっていました!!
そもそも大きいトンボなので、連なっていると壮観ですね。

朝晩は過ごしやすい気温になりましたが、この日はアブラゼミ、ミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクボウシの声が響き渡っていました。
秋にはちょっと早いかな。